home 医療情報事業部

会社名

  • Home
  • Serices
  • About Us
お問い合わせ

Services

  • ホーム>
  • サービス紹介 >
  • 喫煙検査(コチニン検査)

喫煙検査(ニコチン検査)

日本国内の生命保険会社では、非喫煙者割引保険契約を適用する際の診査の標準的な手法として、喫煙検査が幅広く導入されております。 タバコに含有されているニコチンは、体内に入るとコチニンという代謝物を生成します。 このコチニンの濃度を測定することで喫煙習慣の有無を判定します。検査はいたって簡便です。 被験者の唾液を専用のキット(Saliva StickⅢ)で採取し、検査会社へ送るだけ。 一連の流れはシステマティックに運用されます。検査キットは国産で、検査精度も安定しています

概要

日本国内の生命保険会社では、非喫煙者割引保険契約診査の標準的な手法として幅広く導入されております。
唾液を採取するだけの簡単な検査です。
日本国内生命保険会社の喫煙検査において約90%がSaliva StickⅢを導入しています。
コチニン検査は生物学的指標として適していることから、喫煙習慣のマーカーとして広く認知されています。
喫煙検査(ニコチン検査)概要イメージ
Saliva StickⅢ

メリット

唾液採取から検体発送、検査まで低コストで実現できます。
検査キットは国産です。検査精度も安定してしいます。

導入事例

国内大手生命保険会社10社